釣果情報

2018/01/05

喰わせの間を演出

 

 

2018年1月5日

アジング

時間:21:30-2:00

水温:12度

釣果:アジ40匹 メバル多数

 

 

 

116BBFF6-61BE-4CB6-9403-43D12EA9D952.jpeg

 

 

 

 

 

深夜になれば北東風が強くなる予報の為

スタートは気になる北東での風表のポイントから調査開始

魚の反応とは裏腹に口を使ってくれない魚に苦戦し早々と風裏ポイントへ移動。

 

 

 

 

移動先でのポイントではアジのパターンを掴むも

釣れるのは20cmアンダーの小アジばかりで少々不満が残る

 

 

7D4D5B14-3F2B-49B8-95BA-5ABE6E8BB56E.jpeg

 

 

 

 

 

 

ならば、好調ポイントの中層回遊アジを釣ろうと大きく移動を試みたのが功を奏し

23-26cmアジがバタバタと釣れ始めて、興奮状態。

 

 

 

 

しかしながらこの日は中層回遊よりも

ボトムから強めのアクションでの反応が良かったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

強めのアクションでアジにアピールをした後は素早く糸ふけの処理をしてアタリを待てば

喰わせの間を演出する事が出来るのです。

 

「静と動」の幅を持たせる事によりアジからのコンタクトを拾えた感じです。

 

 

AV25cm、TOPで出たメバルの胃の中は

近くの海釣り公園からの回遊なのかコマセ入りが混じってました。

 

 

 

 

 

2018/01/02

休憩所を発見したが・・・

 

 

2018年1月2日

アジング

時間:18:00-23:00

水温:12度

釣果:アジ50匹  メバル多数・カマス

 

 

 

 068A2C46-A8E0-4368-B058-BC167FA94B26.png

 

 

 

 

年末に好調だったポイントからスタートするも

杭際でのヨレに着く中層アジからの反応が薄く

どこも小さな回遊の群れをポツポツと拾う状況でした。

 

 

 

そこで大きくポイントを離れ

やっと見つけた魚の群れにリグを落とし込んでも無反応

 

魚探には常に魚の群れが映し出され興奮を抑えられなかった状況でしたが

口を使ってくれない魚たち

このポイントの傾向を引き続き調査したいと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 IMG_7406.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボトムからのワインド、メタルジグ、バイブレーション等

口を使わせる為の潰し込みが必要なシチュエーションでした。

 

様々なリグを試す事によって得られる情報、そして情報からの分析と傾向

単体だけでは釣りの幅が広がりません。

 

 

 

 

 

1 2