釣果情報

2019/07/31

待てない

 

 

 

2019年7月31日

アジング

時間:20:00-23:00

水温:28.5度

釣果: アジ80匹

 

 

 

7CD5626C-81D1-40D1-A4E8-426D7A4C254C.png

 

 

 

 

 

 

外房から横浜を股にかけるDくんが

先日乗船されたKさんとご新規のIさん、Kさんをお誘いの上ご乗船

 

IさんとKさんはアジング初心者

出船前にレクチャーをさせて頂いたら珍場面も・・・

 

 

 

 

 

スタートはイージーアジングポイント

 

潮の流れ少なく常夜灯の明にアジが溜まり

水深10m  7mと10mのレンジをアジが回遊

 

レクチャーさせて頂いただけに

お初乗船の方々もm換算でのアジのレンジを捉え

 

ニコニコ発進

 

 

 

 

 

 

 

普段は九十九里でシーバス・ヒラメを狙ってるIさんが

東京湾の初チーバスで・・・パシャリ

 

 

 

 

F4A055CA-2511-4F38-B2EF-75371CABF38D.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お土産を確保したところで移動

 

水深15m  10mから15mレンジにアジの層

ここは先程の豆アジ群と違い25-27cmが混ざるポイント

 

 

そのボトムの方ぉ〜にリグを落としてもらい

 

 

やっぱり居た27cm

 

あとちょっとの泣き尺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更にサイズを求めて移動

 

水深19m 10mと19mレンジにアジの反応

1.5gから2.0gへジグヘッドを重くしてもらい

それでも長い長ぁ〜ぃカウント

 

今宵は潮の流れなく

リグをボトムまで送り込むのは楽なんだけど

 

 

長ぁ〜ぃ

 

待てなぁ〜ぃ

 

 

 

でも、しっかり待てたDくんには

思惑サイズまでは届かないもののアジからの反応が

 

 

 

 

上がりアジをキャッチして

 

ニコニコで終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/28

ソリッドロッドの妙

 

 

 

2019年7月28日

アジング

時間:21:30-0:30

水温:27.0度

釣果: アジ100匹

 

 

 

 

 AADE6F67-F04D-42A5-BB83-949B6365F300.png

 

 

 

 

 

 

常連で沖堤仲間のAさんとTさんに

今回もMさんが参加してのご乗船

 

 

皆さんAさんが作ったソリッドロッド持参

ショートロッドの恩恵で操作感度良く

 

潮に噛んだジグヘッドの重さ

そして潮の強弱によるアジのレンジを捉える楽しさ

 

 

 

もう楽しいぃ〜  っとさっ

 

 

 

 

 

 

 

 

で、出船前に私とAさんからMさんへレクチャー

ジグヘッドの沈下スピードをメートルに換算する方法

ジグヘッドがボトムに着底したのか?

ロッド操作による確認方法

 

 

 

 

 

 

 

スタートは水深11mのイージーアジングポイント

 

潮の流れが少ない風裏

常夜灯効果で明にアジが溜まりやすく

 

先程のレクチャーでのボトムをとって

横浜特有の底のアジを釣るアジングにMさんが好調な滑り出し

 

 

 

5mレンジのアジの層もレクチャーで学んで

ニコニコ発進

 

 

 

 

 

 

 

5mレンジのアジは20cm

ボトムのアジは20cm主体に25cmが混ざる程度

 

お土産も30匹程確保したところで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次は水深15m  ちょい難度アップ

 

ロングソリッドで潮に噛ませたのを確認してからドリフトさせながらの送り込み

キャスト先の壁際と船下の2枚潮の境目

 

ジグヘッドが壁際潮から外れたターンの際

 

 

 

溜まる尺アジの群れの前

 

 

 

 

 

入った 入ったぁ〜

 

 

来るよ 来るよぉ〜

 

 

来たぁ〜

 

 

 

 

最高の瞬間・・・でパシャリ

 

 

 

 

 

 

 

出来過ぎナイトで皆さんニコニコで終了です。

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/24

次はマグロだってぇ〜

 

 

 

2019年7月24日

アジング

時間:22:00-1:00

水温:27.0度

釣果: アジ80匹

 

 

 

 

 3334B16B-EB15-422C-9DE2-032AB9DEEF3D.png

 

 

 

 

 

 

本日の2便目はネット検索から3回目のご乗船となるKさんが、Iさん、Yさん、Aさんをお誘いの上ご乗船

 

 

前便は上げ潮でそこそこ良かったので

満潮からの下げ潮は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと 良かったぁ〜

 

 

 

 

風裏の常夜灯ポイント

水深12m  レンジは5mとボトムべったり

5mレンジの豆アジを数釣りするか?

12mレンジの豆に混じる25cmを釣り上げるか?

 

 

まぁ 25cmサイズだけを狙って釣るなんて事は出来ないので

数釣っての確率を上げるしかないのよ

 

 

でも折角ボトムまで送り込んだのに

 

 

豆じゃねぇ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

っと 大きく移動しての尺弱が出るポイント

 

もしかしたらぁ〜の期待に

 

27cmまでは連発

 

 

 

 

 

 

表層に漂うアマモの切れ端にジグヘッドが沈まない場面もありましたが

2時間30分ギリギリまで楽しんで終了となりました。

 

 

30分早く切り上げたのは

お二人が伊豆へマグロを釣りに行くんだとぉ〜

 

 

マグロの餌よりも小さい魚で楽しんだのに・・・

 

 

 

0か100の世界

クルージングで終わらない事願っときます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/24

店長ぉ〜仕入ストップ

 

 

 

2019年7月24日

アジング オクトパッシング

時間:18:00-21:00

水温:27.0度

釣果: アジ30匹 タコ10杯

 

 

 

 

 

3334B16B-EB15-422C-9DE2-032AB9DEEF3D.png

 

 

 

 

 

私がチタンティップロッドを作り始めた当初より知り合ったロッドビルダーのWさん、知人のKさんとSさんをお誘いの上ご乗船

 

 

で、Wさん少ない休日は思いっきり遊ぶタイプなのか

朝からタチウオジギングに行って竿頭からの2rd目

 

 

 

 

 

2C1BAE4E-8FB8-4200-8799-5CCDE0D15268.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタートは好調なタコ狙いから

タコエギは各人1個で根掛かりしたら即終了と際どい中、

前日に60杯上げたタコマンションポイント

 

 

1投目からタコが抱き付き

 

 

うぉぉ〜

 

 

 

 

 

 

続け続けと皆さん盛り上がりますが

前日ほどの爆発力は無く

 

 

ポツポツ

 

 

 

 

 

 

暗くなるまで頑張って頂き、お次はアジ

風裏の常夜灯ポイント

 

水深10-12m

 

5mと10-12mレンジにアジの反応

ボトム付近には豆も混じるが良いサイズも

 

 

 

 

ここ最近の小さなアタリを逃さない様

ラインテンションの竿さばきを船上レクチャー

 

 

 

 

こんなに小さいんだぁ〜

 

今までアタリを逃してたかもぉ〜

 

アジングって繊細ぃ〜

 

 

 

 

っと、アタリが分かり始めたら

初挑戦もSさんもアジを掛け始めニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

下船後は地元の行きつけの飲み屋で二次会

店長には魚持ち込みで調理をお願いしてたみたいで

 

タチウオ、タコ、アジ、メバル、カサゴ

 

 

お酒も入って

ここでもニコニコ盛り上がってるんでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/20

一匹の価値

 

 

 

2019年7月20日

アジング

時間:21:30-0:30

水温:26.5度

釣果: アジ20匹

 

 

 

 

41D34CB0-CBDD-4D67-9CF5-76796CC5230D.png

 

 

 

 

 

 

 

常連のAさん

アジングを一人でがっつりやりたいと本日2回目のご乗船

 

豆アジは無視して大きめサイズ狙い

ジグヘッドで潮を感じながらのアジのレンジを捉えたいんだとぉ〜

 

 

 

 

で、この方もロッドビルダー

ショートロッドの穂先はロングソリッド

ジグヘッドが潮にかむと穂先15cmが入り込み潮の重さが感じられる

もちろんショートロッドの恩恵もあり軽量で且つ高感度

 

チタンとの違いは穂先7cmか15cmか

で感じる操作感度

 

ここまでくれば好みの問題

 

 

 

 

 

で、潮にかませてから乗せ

アジのレンジまでジグヘッドを送り込み

小さなアタリを感知してからのフッキング

 

 

キャスト方向を調整したり

ラインの送り込みを調整したり

ベールを開いて再度送り込んだり

 

 

アジの泳層や顔の向き

3Dでイメージしながらの試行錯誤

 

 

アジからのお応えを探す

アングラーが1番楽しい時間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰でも釣れるアジング

 

投げれば釣れるアジング

 

レンジが合えば釣れるアジング

 

 

 

 

皆同じアジングなのだが

考え抜いた者だけしか釣れない時もある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3