釣果情報

2018/10/17

乗りつ乗られつ

 

 

2018年10月17日

アジング

時間:18:30-21:30

水温:22.0度

釣果: アジ40匹

 

 

851AA47F-040A-4C59-887C-C20C98A7F0B4.png

 

 

 

 

今回は自分自身の釣行も含めての釣果情報

 

先ずは早朝の真っ暗なの中、

羽田から出船するアングラ―ズスタッフの髙橋船長の船で只今絶好調のサワラ狙いに乗船

そして当日の夕方からは逆に髙橋船長が知人をお誘いの上、アジング便に乗船

そう、「乗りつ乗られつ」

 

 

 

前々日の晩にお誘いを受け、サワラ狙い便に同船させて頂く事になったのだが

準備不足、狙って獲れる魚なのか? 範疇外の対象魚なだけにリグが無い

まぁ青物だし、メタルジグ・ワインドで対応しようと、リグを結んでのファーストポイント

 

船長の情報で「5mラインに居ますよぉ~」の掛け声に

表層からのレンジをちょい下げてメタルマルを引いて来れば

 

ズドンで

 

サゴシとサワラが・・・幸先よい出だし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、鳥さん探しながらの大きくポイント移動

同船したサワラマスターさんが鳥山周辺からサワラを誘い出し船上は大忙し

 

 

 

もうさぁ  喜びの握手を何回したのか? 

 

 

忘れるくらい爆

 

 

 

 

037F07B1-D027-47DF-AD11-9F5B73EF0A1C.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては当船でのアジング便にて髙橋船長がご乗船

風裏ポイント目指して船を出し、常夜灯灯るファーストポイント

 

魚探の反応はバッチリで一投一撃の

 

 

「豆爆」

 

 

 

 

 

 

ご友人はPEラインを使用してた為アタリの感知、ヒット数が少なく

チタンロッドにエステルラインに変更して頂き

 

ロッドとラインからの情報に慣れ始めると

 

 

「うぅ~ん」

 

 

「あぁ~ん」

 

 

 

の悶絶状態にアタリが分かり始めて、ちょいニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイント移動しアジからのアタリとフッキングに慣れてくれば

髙橋船長からのレクチャーも終了し、表層のボイルにミヨシで遊び始める

 

 

 

7DEE26B1-5137-439C-8018-2973E698ABEB.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風も強くなって来たこともあり、早々に切り上げる事にしたのだが

このままやってたら何匹になったのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

羽田から出船するアングラーズスタッフさん

 

とろ っとろの腹身のサワラ、「炙り」「刺身」「照り焼き」は絶品!

只今絶好調ですので、ご興味のある方は是非乗船されてみては? 如何ですか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★アジ・メバルのおすすめタックル★

 

アジ・メバルのポイント水深は10-15mが多いです
(稀に浅場で水深6m前後の場合あります)

ジグヘッド単体
ロッド:スピニングロッド
リール:1000~2000番
ライン:エステル0.25~0.3号

リーダー:フロロ0.8号(3lb)前後
ジグヘッド:メイン0.9~1.5g(0.6g~3gまであれば最適です)
※スナップを使用し状況により瞬時に交換される事をおススメします。

メタルジグ・プラグ・バチコン
ロッド:スピニングロッド
リール:1000~2000番
ライン:PE0.2~0.4号

リーダー:フロロ1~1.5号(4~6lb)
メタルジグ:3~7g
プラグ:フローティング・サスペンド・シンキング等各種
バチコン:5~15g(ナス型オモリ1.5~4号)/リーダーフロロ0.8号(3lb)/ジグヘッド0.3~0.6g
※バチコン専用でベイトロッドでも構いません。

 

上記2本をポイントや状況により使い分けると楽しめます。
又、PEラインのトラブルでリーダーとの結束が困難な方は予備のリールを持込する事をおススメします。

 

分からない事は何でも聞いてください。
お問い合わせ大歓迎です(^_-)