釣果情報

2019/03/21

INX label 特別企画第2弾 4回目

 

 

 

2019年3月21日

メバリング

時間:21:00-2:00

水温:13.9度

 

 

 

ECACC216-854D-4A3D-9EA3-6408265846CC.png

 

 

 

 

 

 

 

 

INX.label フィールドテスター 知久氏を講師に迎え

ボートメバルプラッギングA toZ第2弾の4回目を開催

 

 

東京湾でのメバルをどの様に攻略するのか?

経験豊富な知久氏より

座学から始まり現場での様々なシーン別攻略方を実践しながらレクチャー

 

少人数での個別指導もさることながら

普段疑問に思っている事を実践を交えながら解説

 

今回もまた、皆さん大満足された企画となりました。

 

 

 

 

 

 

 

座学では

・東京湾でのメバルプラッギングの特性

・シチュエーション別、ジグヘッドとプラグの使い分け

・パイロットルアーの選択基準

・アタリ、フッキングからのメバル思考の考察

 

そして

・各受講者のホームポイントでの質疑応答

 

 

等、出船前に講義を行い

 

 

 

 

 

 

 

 

前回同様に南風強風の為、数時間遅らせての開催となり

数カ所のポイント限定でのスタート

 

 

 

 

餌場と住処が分かれるポイント

 

現場のポイント状況を説明し

最近の傾向である表層のアミパターン

 

頻繁にライズが起こりフローティングミノーをキャスト

 

東京湾では滅多に起こらない状況ですが

講師知久氏より的確なアドバイスを頂く受講生達のロッドは曲がりっぱなし

 

ポンプリトリーブ

デッドスローリトリーブ

 

で次から次へとメバルを捕らえます

 

 

 

 

 

 

 

 

数カ所のポイントを周りながら

 

・ストラクチャーにタイトに着くメバルの攻略法

 

・常夜灯の明度や射光によるメバルの付き場考察

 

・メバルの住処と餌場の違いと、パイロットルアーの選択方法

 

 

ポイントポイントで解説

 

 

 

 

 

C289B3AE-931D-48EC-BC17-87F1480E8225.jpeg

 

 

 

 

 

4DBB0458-036A-4DA8-957F-4D25A5C57278.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は数釣りポイントから移動しての大型狙い

 

シーバスも飛び出し悪戦苦闘しますが

明暗の境目に付くメバルは25〜27cm

 

表層を意識したメバルはプカプカプラグをガッボガボ

 

 

 

 

 

 

 

ニコニコで実践は終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京湾ではプランクトン、アミ、小魚、バチ

メバルはどの餌を捕食しているのか?を想像しながら

レンジ、スピード、アクション、角度を合わせリグを選択

 

奥が深く楽しいメバルプラッギング

 

 

 

 

 

 

 

2019年 INX.label 知久氏とのボートメバルプラッギング講座

 

ご参加頂いた皆様及び知久氏には大変感謝しております。

 

 

ご要望頂ければ再度企画致しますのでお電話下さい。

 

 

 

 

 ありがとうございました。