釣果情報

2020/07/08

簡単ではないよね

簡単ではないよね

 

 

 

2020年7月8日

時間:23:00-2:00

水温:24.0度

釣果: アジ40匹 メバル10匹

 

 

 

FE285150-BD2C-4994-94BC-3DA26044282E.png

 

 

 

 

最近メバリングを忘れボートアジングにハマり気味なSさんと

三浦半島をかけ回りアジング熱が全く冷めないIさんがジョイン

 

 

いつもお一人で乗船される事が多いSさん

 

Iさんの洗練された思考を学びつつ新たな扉が開くのか?

 

 

アジへのアプローチって

いろいろあるからねぇ〜

 

 

 

 

 

スタートは常夜灯が効いたポイント

下潮の流れと風向きが逆でキャスト方向を選ぶが

魚探反応はそこそこ

 

 

 

流れに乗せて横にドリフトしながらアジのレンジに送るか?

 

潮上から自分に向かっての流れに乗せ、ラインテンションを維持しつつレンジへ送るか?

 

潮下のアジのレンジ下までリグを落としテンション張ってリグを上ずらせるか?

 

 

 

 

 

攻めのパターンは人それぞれ

そんな中でもアタリの分かりやすい攻めと

アタリが出やすいパターンを掴んだIさん

 

一方、幸先よくおNEWのロッドでシェイクダウンしアジを釣り上げたSさんは潮の流れに翻弄中で

どうやら流れに乗れず・・・

 

前回、前々回と30-40匹のアジを釣り上げても

まだまだアジング初心者

 

今宵はアジからのアタリが小さいか抜けアタリのみで

 

繊細な釣りに慣れてないと難しい

ちょいテクニカルな状況

 

 

それでも船上レクチャーをI先生から受けて

少しずつだか上達の兆し

 

 

 

 

 

 

 

2時間ほどで干潮時刻

下潮も効かなくなってアジの群れも居なくなり移動

 

 

 

 

数カ所回って

最後は常夜灯とストラクチャーが絡むポイント

 

表層-中層のアジを狙おうとしたが

好活性なメバルに阻まれちょい下のアジまでリグが届かない

 

 

 

上がりアジとはいかないものの

上がりメバルで終了となりました。

 

 

 

 

2020/07/04

ハマってしまった

土

 

 

 

2020年7月4日

時間:0:00-3:00

水温:24.0度

釣果: アジ60匹 

 

 

 

35384353-C03A-4088-8A65-05A138FEFC6F.png

 

 

 

 

 

最近はボートアジングにハマりつつある

TさんとAくん

前回乗船で様々な釣り経験があるが初アジングのIさんがハマってしまい

今回はロッドとリールを購入しての鱗付け参戦

 

 

風が弱まるのを待ちながら予定より1時間遅らせてからの出船

 

 

でもポイントは風裏限定なのよねぇ〜

 

 

 

 

 

 

スタートは常夜灯とかけあがりが絡むポイント

 

 

昨夜に続きやはりここでも

かけあがりにはカサゴが潜んでるのでボトムネチネチはオンパレード

 

 

 

カサゴ5匹でアジ1匹の割合

どうしてもボトム

 

 

 

 

 

移動して

常夜灯とストラクチャーが絡むポイント

 

潮と風が逆になり

なんともむずい展開だが

表層から中層に溜まるアジは好活性

 

はらんだラインにアタリが取れず

回収後のワームはズレズレ

 

 

 

いつ当たった?

 

 

いつ喰ってた?

 

 

 

糸吹けを無くしリグを真下に落とした

単体バチコン

 

2.5gまでジグヘッドを重くして

ラインのはらみを軽減させたりしながら

 

 

 

横風対策でアジからのアタリを捉え

アジ連発

 

 

 

で前回に引き続き

アジング2回目ながらもイカ釣りで培った繊細なアタリを捉え釣果数を伸ばすIさん

 

 

 

もう完全にアジングの虜に

 

 

 

 

 

沼にどっぷりねぇ〜

 

 

 

 

 

2020/07/03

ランガンで

金

 

 

 

2020年7月3日

時間:18:30-22:30

水温:24.0度

釣果: アジ30匹 

 

 

 

79753B5E-7A22-40B3-9579-6D33AACE6FC9.png

 

 

 

 

 

 

ネット検索からご予約頂いた4名様

外房や横浜の陸っぱりのアジングは経験済みでボーアジはお初との事

 

陸とボートとの違いは短時間で楽しんで頂く為に

魚探情報に合わせたリグのレンジ合わせ

 

 

詳しくレクチャーすると船上では無口になってしまうので

キャスト後のスタートレンジは合わせて頂き

リグの平行トレースはそこそこほどほどに

 

 

 

 

スタートは湾内うねりが入らないポイントから

常夜灯とストラクチャーが絡むポイントだが

ここは表層に溜まる傾向なので

 

 

カウント5まで

深くてもカウント10の5m

 

 

多少のうねりと風に四苦八苦しながらも

2-3投に一度あるアジからのアタリに

フッキング出来たり出来なかったり

 

 

粘ればお次の回遊を掴めるかもしれないが

次のポイントへ

 

 

 

あれれれ

魚探反応無し

 

 

 

数カ所回ってのかけあがりと常夜灯が絡むポイント

 

ボトムまで落としてネチネチやるとカサゴ

そのちょい上をトレースするイメージで

フォールを交えると

 

 

アジぃ〜

 

 

 

 

 

バスマニアだが初アジングの方も

アタリを捉えて初ゲット

 

 

 

 

66E303B2-1588-4E2A-A368-BD948509015D.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても

アジの滞留や回遊が少ない夜

 

この要因は何だったのか?

 

 

数少ないアジを釣り上げただけでも

良しとするのか?

 

もっともっと溜まってるポイントがあるのか?

 

 

 

ん〜〜

 

 

 

 

 

 

2020/06/29

クロ・タコ・コチからのアジ

黒鯛タコマゴチからのアジ

 

 

 

2020年6月29日

時間:15:00-22:00

水温:25.0度

釣果: 黒鯛5匹 タコ5杯 マゴチ3匹 シリヤケ1杯 メバル5匹 アジ70匹 

 

 

 

 F3BB4658-A41B-4A0B-B462-CE0AD2959094.png

 

 

 

 

 

大学の釣り研でいつものメンバーSさんTさんに新入生のKさんがご乗船

 

日中から終電間際までの長丁場

黒鯛とタコとマゴチをやって日没後はアジ狙い

 

若いから体力ありすぎて

困っちゃうねぇ〜

 

 

 

 

 

 

スタートは黒鯛の落とし込み

カニ餌とカラス貝のツブを採取して現地でレクチャー

 

本来の堤防での落とし込みって

どれだけの距離を探ったかが少なからず釣果を左右するのだが

ボートだと振込み先のポイントを次々と流すので

 

 

ある意味 大名フッシング

 

 

どれだけ際に落とせるか?

様々なラインに出るアタリを捉えるか?

ストラクチャー際から剥がせるか?

 

 

 

 

数メートル先で掛ける魚とのやり取り

ブチ曲がる竿、ドラグは悲鳴、パワーゲーム

 

 

 

 

 

B482E2C4-3505-4A66-B4B5-4DEB458564B2.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次は昨年より好調なタコ狙い

タコ専用のパワータックルではないが

張り付かれる前に釣り上げれば 

 

どうにか・・・

 

 

エギをボトムから浮き上がらせずに探りながら

でも釣果を上げるには探る距離も必要で

 

ボトムチョン

 

ボトムチョンチョン

 

 

 

 

 

 

21323DF8-9382-480D-93BF-0F5B6BFDA496.jpeg

 

 

 

 

 

日没前の最後の狙いはマゴチ

こちらもボトムチョンチョン

 

探る距離も大事で広範囲に探ればヒットする確率もUP

 

 

 

 

 

 

DC3DB889-BE22-4670-81D8-54DE0C9E8EFA.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでで4時間3目狙って

狙った魚種は見事に確保

 

ここからは脂ノリノリの浜アジ狙い

最近の好調ポイントからスタートすれば即爆とはいかないものの

 

まったり

 

ゆったり

 

 

ポツ ポツ よりも

 

 

ポ ポ ポぉ〜 ぐらいでアジの回遊

 

 

 

 

 

AV25cm 美味しいサイズが竿を曲げ

飽きたらエリア10の表層テロテロ引きでメバル

 

 

 

 

もう十分でしょぉ〜 っと

いつものニコニコで終了です。

 

 

 

 

 

2020/06/28

もう入りません

日 橋本 もう入りません

 

 

 

2020年6月28日

時間:18:00-21:00

水温:24.5度

釣果: アジ80匹 

 

 

 

89875741-7104-41EC-B839-F56EEF6AD1C0.png

 

 

 

 

 

ライトゲームが大好きなHご夫婦にいつものメンバーでTさんがご乗船

 

前年のタチウオに良い思い出があるみたいで

タチウオは?タチウオは? っと

 

そうね

あの抜けアタリを捉えた方は反響アタリを捉えた方よりも3-5倍釣果だけに

もの凄くゲーム性があって病みつきになる

 

居る事は居るけど

ちょこっと狙って釣果を上げる程の量は入ってないなぁ〜 って事で

 

 

 

夕マヅメはマゴチでスタート

 

 

 

 

 

 

したが1時間ほどノーバイト

ここ数日はお一人1-2匹は上げれたものの・・・

 

日没前に諦めてアジ狙いでポイント移動

 

 

 

常夜灯効果はまだまだなので

潮通しとストラクチャーが絡むポイントから

 

 

日没間際でアジも入り始めて

スタートからアジのレンジまで入れ込めば

 

ポツリ

 

ポツリ

 

 

 

 

そろそろぉ〜 っと常夜灯が効き始めたかな?

 

 

5-10mレンジに浮いてるアジを狙って

リグを投げ込むものの

またまた微細なアタリのアジの群れ

 

 

それでもパターンを掴んだ方々は連発

 

 

お一人取り残されて

悪戦苦闘されてる奥さん

 

皆がアジを釣り上げるなかしばらく悶絶して頂き

このアジの攻略法を現地でレクチャー

 

 

数投目で分かったみたいで

ニコニコを パシャり

 

 

 

分かってしまえば3名さんが次から次へとアジを釣り上げ

持参された血抜きのバッカンはパンパン

 

 

もう十分でしょ〜 っと

 

 

 

 

 

アジの処理が楽チンな方法も見出して

最後までニコニコの奥さんでした。