釣果情報

2020/11/08

お初の方が絶好調

中村(TB) 樋渡 渡

 

 

 

2020年11月8日

時間:22:30-2:30

水温:18.0度

釣果: アジ50匹 

 

 

 

87004A4C-0043-42BD-AB2E-B456E8AA23CC.png

 

 

 

 

3回目?4回目?ご乗船のNさんが

友人のHさん、お初のWさんをお誘いの上ご乗船

 

 

皆さんボートアジングはそろそろ慣れた?

トラウト仕込みのテクニックを応用しちゃう?

 

 

 

そんな感じでワクワク出船

 

 

 

はたしてぇ〜

 

 

 

 

スタートは常夜灯絡む水深20mポイント

アジのレンジは8-10m

 

魚探反応そこそこに

中層に浮いてるアジを攻略すべく

 

 

皆さんお好きなリグで開始

 
エステルの0.3号に1.5gジグヘッド

PEラインに2.0gジグヘッド

PEラインにメタルジグ

 

 

 

 

8-10mのアジのレンジに落とせば

アジからのお応えが返ってくる中

お初のWさんがスタートから絶好調

 

 

また?

 

また来た?

 

またまた来た?

 

 

 

アジの好みに合ったのか?

経験者のお二人を横目に毎投キャッチの絶好調

 

 

 

 

お二人もこれに続けと

PEラインで頑張るもののラインの浮力とジグヘッドの重さでの調整に手こずり・・・

 

 

 

 

 

数カ所回って

またまた最初のポイントへ

 

明暗の境目でメバルやシーバスと戯れながらも

Wさんのアジ絶好調は継続中

 

こうしちゃいられないと・・・

 

 

 

 

最後はどうにか三人三様のパターンを掴み

上がりアジも取れニコニコで終了です。

 

 

 

 

 

 

2020/11/08

面白いでしょ?

かい悪徳佐藤 面白いでしょ?

 

 

 

2020年11月8日

時間:1:00-4:00

水温:18.0度

釣果: アジ100匹 

 

 

 

 87004A4C-0043-42BD-AB2E-B456E8AA23CC.png

 

 

 

 

10年来のアジング仲間であるKさんとAKさん、地元のSさんがご乗船

 

皆さんご家族へのお土産確保も必要だが

そこそこ釣れれば って事と

釣れ方?趣を重視してるだけあって

 

 

 

 

面倒だなぁ〜 っと思いながらも

 

水深ある深場からのやり取りだったり

流れがあったり、ベタ底潮に付いてたり

 

 

ちょいテクニカルな場面な趣も・・・必要だとか

 

 

 

 

 

 

 

で、スタートは20m水深のポイントから

 

ボトムに居るかなぁ〜 

べったりだったら手こずるだろうなぁ〜

っと思ったら

 

 

 

 

 

 

浮いてやがる・・・

 

魚探反応は12-15m付近に回遊層

8-10m付近もパラパラ

 

 

 

 

あちゃぁ〜

 

 

 

 

でも、アジングは久しぶりなので

どうやらアタリを感じて掛けるだけで楽しいみたい

 

 

レンジに入ればアジからのお応えがあり

皆さん楽しみながらお土産を確保

 

余裕が出てきたら

 

わざわざフォールスピードの遅い1.2gにしたり

メタルジグで遊んでみたり

 

 

 

 

 

最後はナトリウム灯絡む流れの効いてるポイントへ

 

 

 

ドリフト気味にレンジに入れても良し

ラインの調整をして張らず緩めずでアタリを出しても良し

 

 

小顔でメタボな尺絡みのアジの群れ

 

 

 

 

 

楽しめたのかしらぁ〜?

 

 

 

 

 

2020/11/07

みんな満足・・・

橋本徳満

 

 

 

2020年11月7日

時間:21:00-0:00

水温:18.0度

釣果: アジ110匹 

 

 

 

 

1B15CC9A-B625-4D50-B789-0546F297B1FF.png

 

 

 

 

 

ご夫婦でアジング好きなH夫妻が

いつものメンバーTMさんとお久しぶりのTNさんをお誘いの上ご乗船

 

TNさんのウォーミングアップで

水深浅めで簡単なポイントからスタートしたら

 

TNさんが連発

 

 

もう大丈夫でしょ〜 でメインポイントへ

 

 

 

どうかなぁ〜

 

 

 

 

 

で、1時間ほどのウォーミングアップ後に

今宵のメインポイントへ

 

 

表層にも居るし

カウント入れた中層にも

 

 

 

最近の付き場を指示すれば

 

 

 

あれれれ?

 

 

居ないの?

 

 

 

 

今宵はちょっと違ったみたいで

こっちかぁ〜 でジージーtimeスタート

 

 

体高あって肉厚な小顔アジ

尺混じりで皆さんぎゃーぎゃー大興奮

 

 

それぞれの立ち位置から

アジのパターンを見つけ連投連発

 

 

 

 

もう十分でしょぉ〜 

で時間いっぱいで終了です。

 

 

 

 

 

2020/11/06

表層イージーアジング

白須 表層イージーアジング

 

 

 

2020年11月6日

時間:23:00-2:00

水温:18.0度

釣果: アジ120匹 

 

 

 

EB34FD15-AA9A-4260-B24F-0F36D6D62913.png

 

 

 

 

最近は横浜ばかり?外房をHGにしてたSさん

訳あって短時間の釣行を余儀なくされ

短い時間でも楽しめると・・・

最近一緒のTさんとNさんをお誘いの上ご乗船

 

 

もうボートアジングも慣れて来たでしょ?

 

 

 

って事で深場からのスタート

常夜灯絡んで浮いてれば通常の水深と変わらない10m付近

 

 

浮いてるかなぁ〜

 

 

 

 

 

 

で、常夜灯とストラクチャーが絡む深場なポイント

 

魚探見れば

8-10m付近で活性高そうなアジが回遊し

18-20m付近のボトムで留まってるアジの群れ

 

誰もバチコンなんて仕掛けは持って来てないので

 

単体で中層レンジを探り始めると

アジからのお応えが・・・

 

 

どこに投げても

どっちに投げても

 

 

 

竿は曲がる曲がる

 

 

 

アジの尾鰭を切らない人、尾鰭上を切る人、尾鰭下を切る人

これは後で誰のアジかを判別する印

 

 

そんな印付けたって

皆さんのお土産は十分じゃない? ってぐらいの高活性

 

 

 

で、そろそろ飽きた?

同じポイントで釣れ続け、ずぅ〜っと粘っても良いのだが

 

 

こっちも飽きてポイント移動

 

 

 

 

 

お次はナトリウム灯絡む表層アジポイント

 

 

カウントはジグヘッドが潮に馴染む程度

 

ドリフトさせても良いし

テンション張る程度の巻きとアクションを入れても

 

 

尺混じりのアジの群れ

ドラグはジージー鳴りっぱなし

 

 

 

 

先程のポイントとは違うアジのサイズ

 

このままニコニコで終了?

 

 

最後は久しぶりにぬくぬくポイントへ

寄ってからの終了です。

 

 

 

 

2020/11/05

あらやだぁ〜

ダイスケ あらやだぁ〜

 

 

 

2020年11月5日

時間:22:30-2:30

水温:18.0度

釣果: アジ110匹 

 

 

 

 

02D8D22F-4B1A-41CC-B57A-9BD8BEEF749B.png

 

 

 

 

 

外房をHGにするDくんが釣り友のIさんとSさんをお誘いの上ご乗船

 

Iさんはシーバスやるけどアジングはお初

Sさんはアジングやるけどボートはお初

 

 

お初の方がお二人

水深浅めなポイント行くかな? って思ったけれど

 

深くても浮いてれば って事で

風裏で中層に浮いてるアジ狙いからのスタート

 

 

 

 

はたしてぇ〜

 

 

 

 

で、魚探反応見れば水深18mのレンジは

8-10mの中層と15-18mのボトムの二層

 

活性高めなレンジちょい上のアジから狙って頂き

 

カウントを伝えれば

 

皆さんの竿も曲がりっぱなし

 

 

あっちでもぉ

 

こっちでもぉ

 

 

経験者も未経験者もアジからのお応えを

フッキングでお返し

 

潮の流れが少なく

レンジに入ればのイージーアジング

 

 

常夜灯周り船周りはアジだらけ

 

 

 

B624CD0A-9D09-4CBF-B7A7-87EF1872EF30.jpeg

 

 

 

 

 

 

テダレのDくんは・・・

 

 

E1156B32-66BE-4C9F-ADC5-0540477FD540.jpeg

 

 

 

 

B74D2523-03CC-481C-AB99-DDB35EA6CDD9.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

いい加減釣った濱アジ

そろそろぉ〜でポイント移動

 

 

 

お次のポイントは

潮と風が逆向きで船は流されず

 

ドリフトで横流しながらレンジに入れるか?

アップに投げて向かい潮でラインの調整をするか?

ダウンに投げて上ずるリグを調整するか?

 

船での立ち位置キャスト方向次第で

様々な攻略法がある状況

 

 

 

 

 

で、あらやだぁ〜 の連発Iさん

 

 

 

どうやら向かい潮のアップに投げてる為に

吹けたラインの調整にてこずり

アタリが取れずにアジがリグを咥えてる様子

 

 

その状況でアタリを出すには

向かって来るリグのスピードに合わせて

ラインを張らず緩めずのリーリングか?

竿をさびいてラインを張るか?

 

 

 

まぁ〜

正解を伝えるよりもご自分で って意地悪をしたんだけど

 

 

あらやだぁ〜 の連発でアジをキャッチ

 

 

 

あまりにも釣れちゃった感が・・・なのでアドバイス

 

 

 

釣ったぁ〜

 

感じたぁ〜

 

 

に変わりアジを釣り上げ

ニコニコで終了です。