釣果情報

2019/09/02

沖の大アジ

 

 

 

 

2019年9月2日

deepアジング

水温:27.0度

 

 

今年の初夏から幾度となく調査してきた沖の居付きアジや回遊アジ

 

30-40mの水深でレンジは中層からボトム

 

流石に単体を沈めるなんて事はしないけど

日中に脂ノリノリの尺アジや

竿ぶち曲がりの40cm〜アジ(ギガアジ)が釣れちゃうんだから

 

 

楽しいぃ〜 よん

 

 

 

 

 

 

専用ロッドが無くたって

タチウオロッド、イカメタルロッド等でも代用可能

 

フォールでのアタリを取るのでベイトリール

 

中層レンジを狙うなら

カウンター付きリールかカラーマーカーのライン

 

バチコン、ミツマタサルカン、ダウンショット、キャロ、フリキャロ

それぞれ一長一短 お好きなリグで

 

 

仕掛けは

ライン:PE0.3以上

リーダー:2-3号

重り:5-15号(3-4種類)

針:#6 太軸

 

 

 

 

 

 

 

では、その楽しい模様を ここから

 

 

 

 

 

 

  

 

2019/08/30

後半戦の攻防

 

 

 

2019年8月30日

アジング

時間:20:00-0:00

水温:26.5度

釣果: アジ数えたくない匹

 

 

 

 

 

6390B4A9-109C-4729-BDA8-69B593282DA2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

外房のお掃除番長が

地元友人のNさん、Kさんをお誘いの上ご乗船

 

 

外房の方々はリグが上ずってしまう傾向があるため

魚探反応のレンジへのアプローチと

底べったりレンジでのトレース方法をレクチャー

 

 

 

久しぶりのアジングでアジのアタリに集中してるのか?

慣れないトレース方法で考えながらアジングしてるのか?

 

 

大丈夫?って思うくらい無口で真剣なスタート

 

 

 

 

 

そこそこ風が吹いてたので風裏の好調な常夜灯ポイント

水深10m レンジはボトムべったり

 

 

魚探反応は まぁいい感じ

 

 

常に群れが回遊したり、ヨレに溜まったり

 

 

 

 

って 釣れるでしょう〜 って状況なのだが

魚探反応からのあるある

 

 

口使わね〜

 

 

 

それでも慣れ親しんだお掃除番長さんは確実にアジを仕留め

翌日開催される飲み会のお土産を確保

 

一方でお初乗船のNさん、Kさん

 

なんでぇ〜

 

どうしてぇ〜

 

の迷宮に入ってしまったのか? 無口

 

 

 

 

 

そんななかアジング経験者のお二人

コツを掴めば

 

 

これこれぇ〜

 

おぉぉぉ〜

 

 

 

 

 

 

 

皆さん慣れてきた頃に大きく移動

魚探反応あっても想像以上に渋い口使い

 

このまま粘っても・・・が正解

 

 

 

 

移動先のポイントは

常夜灯とストラクチャーが絡むポイント

 

 

水深10m レンジは7-10mと層が厚い

その事をお掃除番長に伝えると秘技リグ発動

 

スプールを指でサミングしながらのパラパラフォール

アクションさせながらのリーリング

 

 

落とせば釣り

 

落とせば釣り

 

ワーム?

 

メタルジグ?

 

 

 

 

 

そう秘技リグは

ゼスタのメタルジグ・マイクロビーを重りにし

矢引とヒトヒロの位置にワームを2個付けたバチコン

 

 

 

 

だから釣れる度に

ワーム?メタルジグ? どっちぃ〜

 

 

 

っと大騒ぎ

 

 

 

 

 

片方のクーラーでアジ70匹

だから数えたくないってぇ〜 で終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日には会社の同僚の方々の胃袋に収まったぁ〜 っと

 

美味そうですなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

58DF1C68-A44F-4E73-A079-90EFFB887357.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/08/30

俺にも釣らせろ

 

 

 

2019年8月30日

アジング

時間:0:00-3:00

水温:26.5度

釣果: アジ50匹

 

 

 

 

6390B4A9-109C-4729-BDA8-69B593282DA2.png

 

 

 

 

 

強風風裏

スタートはダイスケ

後半に挽回しSさん、Iさん

 

 

外房と横浜を股にかける若手ホープのDくんが

友人のSさん、Iさんをお誘いの上ご乗船

 

 

 

 

 

スタートは風裏の常夜灯ポイント

水深10mでレンジは底べったり

 

出船前にレクチャーをさせて頂いたので

お初のSさん、Iさんは対応出来ると思ったが

外房で慣れてるだけに巻きが早くリグが上ずってる

 

一方ボート経験者のDくんは

リグの重さに対応したカウントでアジのレンジまでリグを送り込み

 

 

情報を共有するも 一人爆

 

 

 

 

 

群れの回遊も遠のき移動を決意

でもあそこは?

角のヨレに溜まるアジ場を発見

 

 

 

 

 

俺にも釣らせろぉ〜 っと嘆くお二人を尻目に

 

またまたDくんの一人劇場

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のポイントはナトリウム灯絡む平場の砲台ポイント

 

ここでボートアジングが慣れてきたのか?

横浜アジのボトムアジングのコツを掴んだのか?

 

Sさん、Iさんも追随

 

 

 

尺は出なかったけど横浜アジングを楽しめただけあって

 

 

皆さんニコニコで終了です。

 

 

 

 

 

2019/08/28

兄はダウン

 

 

 

2019年8月28日

アジング

時間:21:00-0:00

水温:26.5度

釣果: アジ20匹

 

 

 

 

FF4ECE49-1D96-43E7-92B7-C16EECF34841.png

 

 

 

 

 

 

大病を患い数ヶ月ぶりのご乗船となったSさん兄弟

一時は ってお話を聞いて

 

おいおい まだ若いのに っと思ったが

 

他人事じゃぁないのよねぇ〜

 

 

 

 

 

強風なので風裏回避

リハビリ兼ねて返しのウネリ入らないベタ凪ポイントからスタート

 

 

明暗の境目でライズ

 

 

あれ?

波紋ライズじゃなくて小さなライズ

 

 

 

よぉ〜く見れば浮いてる魚はメバル

 

 

 

 

表層リトリーブで

ジグヘッドの重さ、ロッド角度、リトリーブスピード

 

 

プラグを用意してなかっただけに

手持ちの持ち駒で色々試しアタリを出す

 

 

 

 

 

 

 

 

お次はアジポイント

ここで本調子とはいかないお兄さんがダウン

弟さんお一人でアジ狙い

 

 

中層に溜まるアジを狙ってレンジを刻み

飽きたら明暗の境目に溜まるチーバスと戯れ

 

 

お土産も必要っと思ったらアジを探す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼお一人でのアジング

今まで酔いの無かった方なだけに?

 

少しでも船酔いされると思ってる方

初めて船に乗船される方は湾内でも海面上なので揺れますから

 

アネロン飲んで下さいな

 

ネット情報では効果的な方法も載ってるみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/08/27

スペシャル便の釣果情報

 

 

 

最近は夏の海から秋の海に変わりつつ

ターゲット魚種も豊富

 

 

特に沖は騒がしいぞぉ〜

 

 

 

 

 

 

お盆中は走水沖のタチウオ

ジグはもちろんテンヤも

小さなアタリをフッキングさせるマニアさん向け

 

ドラゴン祭りも開催され大騒ぎ

 

 

13D46AB5-F783-4B8F-99DE-AB020BB473C0.png

 

 

 

 

 

数回目の大アジ調査で群れが入って来たのを確認

レンジを狙ってフォールでアタリを取るか

レンジを通り過ぎたら細かいワンピッチでの誘い上げ

 

40cmアップが数匹混ざるも50cmアジは未確認

 

 

A7EC2FD9-AC46-4711-A1E6-B74C5CB83025.jpeg 

 

 

 

 

お盆中から回遊し始めたサワラが近場に移動

タチウオ狙いの行きがけに

ピョンピョンナブラを直撃

 

でも、サゴシも多ぉ〜ぃ

 

 

 

4DA3C820-32BC-4477-825F-59F54A9F6F94.png

 

 

 

 

 

skyreadに乗船された方は是非お問い合わせを 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...