釣果情報

2019/06/08

いざビルド沼へ

 

 

 

2019年6月8日

アジング

時間:19:00-23:00

水温:23.0度

釣果: アジ20匹

 

 

 

 

A4C2FFF1-11FB-40C1-A508-F2BFA8F405DE.png

 

 

 

 

 

 

遠方よりお越しのKさん、Wさんコンビ

ロッドビルドに興味津々のKさんとビルド沼に足を突っ込みたくないWさん

 

 

Wさんの以前の趣味はゴルフ

ゴルフクラブのカスタマイズからビルドまでこなしてた経緯があり

ロッドビルドを始めたら沼に浸かる事間違えなし

 

 

 

船上ではKさん、Wさん交えビルド会話で大盛り上がり

 

 

 

 

 

 

 

アジングの方は風向き悪く湾内はウネリが入り

どこもかしこも揺れ揺れぇ〜

 

 

最近好調なポイントも揺れに揺れて

とても単体でアタリを取るなんてぇ〜 っと

思いながらも

 

いつか いつかは周ってくるだろう っと期待し粘るも・・・

 

 

 

 

 

 

ポイント移動しウネリが入らない湾奥へ

 

潮の流れがあり、ボトムまで送り込むのにちょい難度

 

 

キャスト方向を考えアップに投げ込み

ラインを多く出さずリグをレンジに送り込み

 

正面でアタリを捉えるのだが

ダウンまで流れるとリグが上ずってレンジが外れてしまう

 

 

ジグヘッドの重さの調整

ワーム形状による引き抵抗や波動調整

リーダーの太さによる吸込み調整

 

 

ここまでやらずにレンジを捉えアタリがあったので

 

 

 

ちょい難

 

 

 

 

 

 

 

 

お次の乗船ではオリジナルロッドで挑んで頂けるのかしらぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/07

いっつもライントラブル

 

 

 

2019年6月7日

アジング

時間:21:00-1:00

水温:23.0度

釣果: アジ80匹

 

 

 

 

1678E20F-04E8-4B80-82BB-56327C436FDC.png

 

 

 

 

 

沖堤仲間のKさんと地元のSさんコンビに

同じく沖堤仲間のSちゃんが久々金晩に参戦

 

 

 

もう10年近くアジングしてるのに?してるからなのか?

はたまた適当な性格なのか?

 

 

Kさんは絡まったラインを途中で切って固結び

Sちゃんは数年前に大量購入し劣化したラインを使用し

キャスト切れや合わせ切れの連発

 

一晩に数回は見るこの光景

 

 

 

もう治らないんだろうなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

スタートは最近好調なポイント

って思ったが近くの常夜灯ポイント

 

流れなく20cm前後の豆アジがボトムに溜まる

2gじゃぁ啄む程度で1.2gに変更して連発

 

 

どうする?

リリース?持って帰る?

 

 

 

 

 

本命ポイントへ入っても釣れる保証はないので確保

多分、扶養が多い地元Sさんが持って帰った(押し付けられた?)んだろう

 

 

 

 

 

 

 

で、本命ポイントへ移動

サイズは尺上でこそないものの尺までは出る

17mボトムまでの長ぁ〜ぃカウント

 

 

 

 

冒頭の結びコブで切れたり・・・数カ所あるな

ビュンって鳴った合わせに・・・切れた っとな

 

 

 

 

 

 

珍しくボトムから引きずり出した

アジの様な走る魚が尺メバル

 

 

 

 

 

 

 

B1DABEBE-A993-4E3E-A385-4419F0A8B168.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日には育ち盛りなお子さん達のお腹に収まった事で

お父さんのお役目も・・・

 

 

 

 

 

たまには最近買った(劣化してない)

新な(結びコブのない)ラインで乗船してねぇ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/04

最後は大捕物

 

 

 

2019年6月4日

アジング

時間:1:00-4:00

水温:22.0度

釣果: アジ10匹

 

 

 

 

 7B2BB116-7522-42E7-A655-7B9FFFD09643.png

 

 

 

 

 

 

 

ネット検索からご予約頂いたMさん

友人のOさん、Sさんをお誘いの上ご乗船

 

 

皆さん、アジングはほぼ初心者って事もあり

出船前にレクチャーをさせて頂き

表層〜中層のアジポイントから入り

ちゃちゃっと楽しんで頂こう っと思ったのだが・・・

 

 

 

 

 

今宵のアジは?

 

 

 

 

 

 

常夜灯絡む表層〜中層に溜まるアジポイント

 

魚探を通せばそこそこの反応

でもなぜか?

直ぐに魚の反応が無くなり

 

 

 

ポイント移動 

 

 

 

 

このポイント移動の繰り返しで

居座って回遊待ちの希望も見えないのが続く続く

 

 

 

バチコンの仕掛けに変えて頂き

ボトム直撃でカサゴとか

 

 

 

 

東の空も明るみかけた頃には常夜灯効果も薄れ始め

 

朝まずめの高活性なお魚さんはチーバス

 

アタリに飢えていただけに

表層の早巻きで釣れる釣れるの無限ループに突入

 

 

もういいでしょう ってぐらい

 

 

 

 

そんな中、

ボトムをネチネチやってたMさんに底物の大物が

 

 

 

緩めなドラグを締めてあげ

首をフリフリしながら上がってきた魚は

 

 

 

 

 

 

コッチィ〜

 

 

 

 

 

 

50cmオーバーの立派なマゴチに船上は大騒ぎ

 

 

終わりよければ って

ニコニコで終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/01

鱗付け

 

 

 

2019年6月1日

アジング

時間:23:00-2:00

水温:22.0度

釣果: アジ20匹 メバル30匹

 

 

 

 

858F7CF4-7641-4F87-85E8-BCE8DA54F5C9.png

 

 

 

 

 

 

 

前職継ながりで乗船されてるIさんとバス仲間のAさんが

知人のSさんとOさんをお誘いの上ご乗船

 

 

 

遡る事、数か月前

釣行準備中のIさんがロッドの穂先を折ってしまい

急遽新調した月下美人のロッドとリール

 

穂先が折れたなら

チタンティップでも付けましょうか?

 

っと軽い気持ちで発した言葉

 

 

 

 

 

 

1番と2番のガイド間(穂先から15cmぐらい)で

折れたチューブラーロッドはチタンティップを継ぐには硬すぎた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、結局は既製品のソリッド穂先を継ぐのだが

・スケルトンリールシート前でブランクカット

・二本足のステンレスSICガイドは交換

・出来るだけパーツの再利用を試みるも分解出来ず

 

 

 

1E5DD364-BC21-4C39-879C-234C4C683079.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.3feet→5.8feet

76g→48g

#2にはガイドが付かない変則2P

 

 

 

DE909214-B154-43C3-B8AF-E23E6043B29D.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが

今宵は無風、最近好調なポイントからスタート

 

ボトムべったりにはアジの群れ

 

 

 

 

 

ボトムまでしっかり落とせばお応えが返ってくるが

 

 

この「しっかり」が・・・

 

 

 

 

 

 

17m水深のボトム

慣れてない方々には難しかったのか?ポイント移動

 

 

 

 

 

表層に溜まってるであろうアジを探すも

アジからメバルに入れ替わったみたいで

 

 

メバル

 

 

メバル

 

 

メバルのオンパレード

 

 

 

 

 

 

 

 

メバルは極寒気よりも引きが強く

ライトゲームを楽しませてくれるのだが・・・

 

狙いのアジを探しにポイント移動

 

 

前回乗船時にこのポイントのコツを掴んで楽しんだので

最後のポイントに

 

 

ここもボトムべったり

 

ストラクチャーと常夜灯がからみ

アジの居場所を探し当て、上がりもキャッチで

 

 

 

 

ニコニコで終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/01

アジ先生

 

 

 

2019年6月1日

アジング

時間:18:00-21:00

水温:22.0度

釣果: アジ40匹

 

 

 

 

 

858F7CF4-7641-4F87-85E8-BCE8DA54F5C9.png

 

 

 

 

 

 

 

常連でアタリフッキングマニアのMさん、Hさんが

シマノ、ハヤブサにサポートされてる

皆さんご存知「イカ先生」をお誘いの上ご乗船

 

 

 

 

イカ先生の営業スマイル

バイアスかかってるかもしれないが心底楽しそうだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕まずめのちょい深場

中層〜下層レンジに溜まってるアジに対しジグ単で対抗

 

ファーストキャストからアジのアタリを捉え

 

 

 

 

 

パシャ り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

D7F87D0F-5551-4A8F-9D04-83362FCA3896.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イカ先生だけあって

レンジの捉え方、繊細なアジのアタリも慣れたもの

 

 

 

ここではMさん捻出のヒトヒロバチコンが連発

針と重りの間隔をヒトヒロ分空けたダウンショット

 

 

リーダーに針を結びエダスが無いので

ワームを漂わせる、吸い込ませる事ができな欠点があるが

 

小さなアタリや違和感を感じられる利点と

ゼロテンションからの漂わせ操作が可能に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはさておき

アタリが遠のきポイントを数カ所移動

 

17-20mの深場

 

バチコンでストン っと落とすか

単体で じっくり狙うか

 

 

 

 

釣れるアジは尺に届くか届かないか?

 

皆さんでアジの引きを楽しんでいると

 

人気者の宿命である有名税

突っ込み、ひやかしが・・・

 

 

 

ジージー鳴るアジの突っ込みに

「先生 ドラグが緩いんじゃないのぉ〜」

 

 

ぶち曲がる竿にニコニコしてると

「先生 アジじゃなくてカサゴでは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャハハ

 

ナハハぁ〜

 

 

終始笑いの絶えないニコニコの釣行となりました。

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...