釣果情報

2019/09/14

twitter仲間の集い

7432AB7A-E9B6-48F7-9D1C-5647842B3211.jpeg

 

 

 

2019年9月13日

アジング

時間:21:00-0:00

水温:26.0度

釣果: アジ20匹

 

 

 

3AC41E45-7048-4955-9D55-D4E91F43C52C.png

 

 

 

 

 

 

私もフォローさせて頂いてるtwitterさんの

Sさん、Fさんにお初アジングのNさんと初乗船のTさんがご乗船

 

 

お初の方々に楽しんで頂こうとっと思ってたのに

どこ行ってもどこ行ってもアジ居ない

 

魚探反応あるけれど口使わないじゃなく

 

 

 

無ぅ〜

 

 

 

 

 

 

スタートから何ヶ所目かも忘れ

目ぼしいポイントの えぇぇ〜こんなとこぉ〜

 

 

 

常夜灯とストラクチャーが絡み

ストラクチャーに出来る明暗の暗に溜まるアジ

 

 

最初は表層から始めて頂き

ほぼ2時間の湾内観光でアタリに飢えてたアングラー

 

 

 

 

当たった

 

 

居た?

 

 

当たった

 

 

釣ってぇ〜

 

 

 

 

 

 

お初アジングの方はニコニコ

 

 

 

 

っと 表層に溜まるアジ狩り

暫くすると活性高いアジを狩ったからなのか?

アタリも遠のきボトムに溜まるアジに変更

 

 

 

 

 

こんなポイントながらもボトムからのアジ

アタリに飢えてた方々からすればぁ〜 

 

 

 

 

 

でも、ポイント限られるなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/09/07

メバルとは違うでしょ?

778D9C5E-AECF-4F00-AD97-83413EF1485A.jpeg

 

 

 

2019年9月7日

アジング

時間:18:30-21:30

水温:27.5度

釣果: アジ40匹

 

 

 

 

 96B8D507-E5C5-464D-95F5-D82400F23042.png

 

 

 

 

 

ネット検索からご予約頂いたNさん

ボートメバリングの経験をされてるNさん、Kさんと

キャスティングレクチャーからのTさん

 

桟橋で30分ほどキャスティング練習してみたが・・・で、2本針の胴付きサビキに変更

 

サビキのバケ取って青イソメ付けたら最強なんだけど

スキンじゃなくてサバ皮って聞いたのでそのまま続行

 

 

 

いっけるかなぁ〜

 

 

 

 

 

 

スタートは常夜灯とかけ上がりとヨレが絡むポイント

 

岸壁際、角、かけ上がり、照明

 

 

どこかに居ると踏んでの選択ポイント

スタートダッシュはサビキ使いのTさん

もう落とせば釣って 落とせば釣っての繰り返し

アタリが遠のけばレンジを探って

またまた連チャン

 

 

 

 

それを横目にNさん、Kさん

レンジが見つからず、ちょい苦戦

 

アジ狙いはお初だが、メバリングをされてるだけあって

コツを掴めば連チャンモード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は表層のポイントでアジ狙い

メバリングのレンジでアジのアクション

 

 

楽しいぃ〜 っと慣れたところで

 

 

 

 

終了っとなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/09/06

NEWロッド

7DC7A8F0-A8DC-495E-9709-8D25086D74FD.jpeg

 

 

 

2019年9月6日

アジング

時間:21:00-0:00

水温:27.5度

釣果: アジ数えたくない匹

 

 

 

 A797D1EA-3163-4C65-9D63-6FDF298ED58E.png

 

 

 

 

 

skyread designチタンティップロッドのオーダーを頂いたTさんが

地元の友人Kさんと同業Aさんをお誘いの上ご乗船

 

 

およそ2ヵ月前、ロッドのオーダーを頂き

待ちに待った鱗付け

 

 

はたしてぇ〜

 

 

 

 

 

 

 

スタートは常夜灯とストラクチャーが絡むポイント

水深10m 中層からアジの群れ

 

 

 

それも20cmぐらいの豆

 

 

 

 

手練れのKさん、アジングお初のAさんが順調な滑り出しで

ポンポン  ポンポン

 

 

 

あれぇ〜 Tさん  どうしたぁ〜

 

 

 

 

でも大丈夫

ジグヘッドの重さをいつも以上に感じてるみたい

 

後は潮の強弱、でも中層からアタリは頻繁に

 

 

なんて心配も・・・

 

 

 

 

 

皆さんで順調に釣り上げ

そこそこお土産数も確保したのでサイズ狙いで移動

 

 

 

数ヶ所周るも尺どころか25cmアップが・・・

 

 

どこもかしこも豆豆豆

豆アジ祭りに打つ手なしでクーラー満タン

 

 

 

 

 

数は出たけどサイズがねぇ〜 って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/09/02

沖の大アジ

A7E1835C-10FE-4B54-84D2-FA7BA98B41B9.jpeg

 

 

 

 

2019年9月2日

deepアジング

水温:27.0度

 

 

今年の初夏から幾度となく調査してきた沖の居付きアジや回遊アジ

 

30-40mの水深でレンジは中層からボトム

 

流石に単体を沈めるなんて事はしないけど

日中に脂ノリノリの尺アジや

竿ぶち曲がりの40cm〜アジ(ギガアジ)が釣れちゃうんだから

 

 

楽しいぃ〜 よん

 

 

 

 

 

 

専用ロッドが無くたって

タチウオロッド、イカメタルロッド等でも代用可能

 

フォールでのアタリを取るのでベイトリール

 

中層レンジを狙うなら

カウンター付きリールかカラーマーカーのライン

 

バチコン、ミツマタサルカン、ダウンショット、キャロ、フリキャロ

それぞれ一長一短 お好きなリグで

 

 

仕掛けは

ライン:PE0.3以上

リーダー:2-3号

重り:5-15号(3-4種類)

針:#6 太軸

 

 

 

 

 

 

 

では、その楽しい模様を ここから

 

 

 

 

 

 

  

 

2019/08/30

後半戦の攻防

76289DFE-12FA-4195-9BD2-5A16AD144E53.jpeg

 

 

 

2019年8月30日

アジング

時間:20:00-0:00

水温:26.5度

釣果: アジ数えたくない匹

 

 

 

 

 

6390B4A9-109C-4729-BDA8-69B593282DA2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

外房のお掃除番長が

地元友人のNさん、Kさんをお誘いの上ご乗船

 

 

外房の方々はリグが上ずってしまう傾向があるため

魚探反応のレンジへのアプローチと

底べったりレンジでのトレース方法をレクチャー

 

 

 

久しぶりのアジングでアジのアタリに集中してるのか?

慣れないトレース方法で考えながらアジングしてるのか?

 

 

大丈夫?って思うくらい無口で真剣なスタート

 

 

 

 

 

そこそこ風が吹いてたので風裏の好調な常夜灯ポイント

水深10m レンジはボトムべったり

 

 

魚探反応は まぁいい感じ

 

 

常に群れが回遊したり、ヨレに溜まったり

 

 

 

 

って 釣れるでしょう〜 って状況なのだが

魚探反応からのあるある

 

 

口使わね〜

 

 

 

それでも慣れ親しんだお掃除番長さんは確実にアジを仕留め

翌日開催される飲み会のお土産を確保

 

一方でお初乗船のNさん、Kさん

 

なんでぇ〜

 

どうしてぇ〜

 

の迷宮に入ってしまったのか? 無口

 

 

 

 

 

そんななかアジング経験者のお二人

コツを掴めば

 

 

これこれぇ〜

 

おぉぉぉ〜

 

 

 

 

 

 

 

皆さん慣れてきた頃に大きく移動

魚探反応あっても想像以上に渋い口使い

 

このまま粘っても・・・が正解

 

 

 

 

移動先のポイントは

常夜灯とストラクチャーが絡むポイント

 

 

水深10m レンジは7-10mと層が厚い

その事をお掃除番長に伝えると秘技リグ発動

 

スプールを指でサミングしながらのパラパラフォール

アクションさせながらのリーリング

 

 

落とせば釣り

 

落とせば釣り

 

ワーム?

 

メタルジグ?

 

 

 

 

 

そう秘技リグは

ゼスタのメタルジグ・マイクロビーを重りにし

矢引とヒトヒロの位置にワームを2個付けたバチコン

 

 

 

 

だから釣れる度に

ワーム?メタルジグ? どっちぃ〜

 

 

 

っと大騒ぎ

 

 

 

 

 

片方のクーラーでアジ70匹

だから数えたくないってぇ〜 で終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日には会社の同僚の方々の胃袋に収まったぁ〜 っと

 

美味そうですなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

58DF1C68-A44F-4E73-A079-90EFFB887357.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...